狩人と犬とリゼルバ

 
先週の日曜日に リゼルバ に初デビューしました  
 
このリゼルバ・・・ お金を払って狩りをすることができる狩猟場。
いわば 会員制のクラブのような・・・
簡単に説明すると 釣り堀でつり放題(爆)、みたいな場所。
 
今回は 狩人仲間6人 プラス 狩猟犬5匹が参加とのことで
前夜から白熊の興奮はすごいもの。
 
今まで フリーで行っていた狩猟はいつも手ぶらで帰ってきた 白熊とヒーロー。
( 白熊の狩りの腕が悪いわけではありません。 天候の影響で今年は鳥が少ないため。。。。 あしからず )
 
今度こそは ヒーローに獲物を咥えさせられる!
たとえ捕ってこれなくても ベテラン狩猟犬の動きを見せて 勉強させられる!
 
 と、狩猟犬教育にあつーく燃えている白熊
 
 「 僕とお前とで キジバトを・・・・山ウズラを・・・・ 野うさぎを・・・ 僕とお前とで!!! 」
と一生懸命ヒーローに語りかける白熊。。。 オイ
 
本当は 狩猟犬が撃ち落とされた獲物を捕ってこれ、
かつ飼い主に獲物を渡せるようになるのは 2歳半ぐらいから。
まだ半年のヒーローはホントはナニも期待できない  爆
 
それが分かっていても
かわいいヒーローと狩りに行かれるだけで 白熊には成果はどうでもいいのがホントの所。
 
私も今回 初リゼルバ・デビュー。
実際、どんな形で 狩人と犬が連携プレーをするのか興味津々だったので
実は白熊以上に興奮気味。
 
当日。
 
現地集合で他の狩人と犬を見てびっくり。
一匹を除いて みんな スプリンガー・スパニエルですよ!!!( 一匹はベテランのポインター )
狩猟犬としてメジャーな犬種だったのね  
 
早速狩り開始で 狩人の前を先頭を切って走ってゆく犬たち・・・
飼い主からつかず離れず、戻ってくるのがなんともいえない。
 
そして見ていると
なんと 犬たちが 草原の中に隠れているキジや鳥を脅かし、追い立てて
それを狩人が撃ち落とし、
藪や茂みの中に落ちて場所がまったくわからない獲物を犬が探して持ってくる。。。
という素晴らしい連携プレーじゃないですか!
 
私、撃ち落とした獲物を捕ってくるのが遠くて面倒だから
犬が必要なんだろう、ぐらいにしか考えていませんでした! 汗
 
実際 森の中は藪や膝までの雑草で覆われていて 落ちた獲物がどこにあるか人眼ではほんとうに分かり難いのでしたね。
 
 さて、ヒーローは。。。というと。
 
他の犬の後をついて走っていた彼、撃ち落とされたキジを見つけると
いきなり口に咥えて私たちのもとに疾走してくるではないですか!
 
ひィ~ろォォ~  
 
 
感激のあまり声が高くなる白熊
 
の もとに行くかと思うと まっすぐ別方向にいる私の方向に向かって来る!!!
 
ひィ~ろォォ~お???
                      
白熊の声↑
 
「 おい、バロンの方に持ってくぞ 」 「 おお、じゃぁ彼女がパドローネ(主人)か!? 」
と言う周りのつぶやきを気にしながら 思わず眼で こっちに来るな、ヤバイぞ、と訴える私。
 
でも ヒーローより大きいオスのキジを咥えてまっすぐこちらに来る姿は感動物。
 
 
と思ったら
 
まっすぐ私の横をすり抜けて 駆け抜けていった。
 
                       スルーかよ? オイ イインダケド
 
一目撒に キジを咥えて逃避行のヒーロー。
 
 
追いかけて ヒーローからキジを奪取した白熊でしたが
その後、私に対して冷たいこと・・・ 
                              嫉妬? スルーしたじゃん!!!
 
初めて本格的な狩猟に参加したヒーロー。
なんと キジを3羽、山ウズラを2羽もって来ることができました。
 
本当はたくさんいい写真が撮れたのだけれど
PCの状態があんまり良くないせいか、アップ中にいきなり電源が落ちて 記録が全部パーに!!! 涙
 
その中で 後方にあったビデオだけ、なんとか残っていたのでアップしてみました。
 
3匹目にゲットした山ウズラを白熊に渡す図  です。
興奮しているため( 親バカ ) 最後に構図が回転したり やばいことになっていますが、見てください。

ちなみに Lascia ラッシャは『 離せ 』という意味、
Bravo ブラーボは。。。分かりますよね? 褒め言葉です。
私も感動して 声がヘンになってるし 他の狩人に褒められて 嬉し恥ずかしそうな白熊が見所。 思いっきり感動してます、彼。
                                      ヒーローは不満そうですけど。 爆

 
   
 
さて。
 
犬と狩人の連携プレーを見れて 私は大満足だったけれど・・・・
 
リゼルバに関しては 一言 いいたい!
 
囲いがされている地区に キジや野うさぎをもともと放して 繁殖させているのかと思いきや・・・・
( それもあるそうだけれど )
狩人が 行く先々に前もって管理人がキジや鳩をしかけているじゃぁありませんか!
 
そんなの狩りじゃないやいっ!!
 
車で先回りして 1人頭何羽、と置いてゆくから 何処にいるかは分からないけれど、犬もいるから追い立てるのは簡単。
 
もちろん中には 狩られずに森の中に飛び立ってゆく鳥たちもいるけれど
狩りというスポーツのために養殖された鳥を撃つ って どうなのよ?
 
狩りとは 野生の動物vs人間と犬との真剣勝負 じゃぁなかったの?
 
ああ、でも。
生活の糧としての必要から生まれた狩り。 それは貴族の間ではスポーツとして発展したんだった。
 
優雅な衣装に身を包んだメディチ家の一員が お付きの者に
「 殿下。 あちらの茂みにキジがおりまする。 今から犬をしかけますから 銃の準備をなさってください 」
なんて 言われている妄想が ナゼか頭をかすめる。
そして撃ち落とさなかったとしても ダミーのキジをぶら下げて藪から出てくる侍従。

「 殿下。 見事でございます。 」
 
。。。。あっ!
 
ごめん、ごめん。
つい妄想が暴走。 ( しかもメディチだし・・・ 爆 )
 
そうか。
これは その文化の最後の形か・・・ 等と思いつつ、 
キジ2羽、山ウズラ2羽を抱えて帰ってきました。
 
どうしたかって?
 
もちろん そのまま冷凍庫に直行ですわよ! 
 クルーザーにいる野うさぎ、山鳩、キジ、山ウズラで晩餐会でもやるか。 どんなのできるやら?
 
 
 
カテゴリー: Vita - Italia - パーマリンク

狩人と犬とリゼルバ への5件のフィードバック

  1. derorinn より:

    ジビエの季節ぅうううううう食べに行きたいっ行きたいっっくぅう!

  2. 空×ジ・O より:

    こんにちは。
    スプリンガー・スパニエル。あまり馴染みのない犬だったのですが、実はメジャーだったのですね。
    ポインター・・・家が傾いても大型犬を血眼になって育てていた親戚の家にいました。子供の頃には、良く背中に乗せて貰った、懐かしい。
    流石、狩猟犬!生後半年でそれだけの成果を上げるとは!!
    でも、完全にヒーローくんは白熊様に自分の獲物を捕られた・・・と、思っている節がw
    ちゃんと、逃避行までした様子だし。
    アノうわずった女性の声がBaroncia様の声だったのですね。
     
    それと、ヒーローくんの御写真を一枚拝借します。
    『ちょび』助のお友達紹介でw
     

  3. Baron より:

    Muraさん☆
     
      ジビエ・・・・・ってナニ????(゜_゜;) と一瞬あせり・・・・
     
     http://www.gourmet-meat.com/gibie/nani.html
     これでしたか! 流石Muraさん、博識だわ!!!!
     
     ご褒美に今度写真を贈呈。え? いらない????
     
    ++++++++++++++++++++++++
    空×ジ・Oさん☆
     
      そうなんです。 私もスプリンガーなんて町中でみかけたことないので
      ( 最近伊でよく見るのは カバリエル・キングとか マルチーズ、ブルドッグ、小型系が
       多いですねぇ )
      あんまりメジャーじゃないと思っていたのに
      狩人の間では フツーの犬種だったようです・・・ 道理で白熊、こだわった訳だ。
     
      あの声。感動していたのでヘンで 自分でも恥ずかしい。。。 、こんな所で声デビュー・・・・イヤハヤ
      ヒーローの写真ですか? どうぞ。
      何か取っておきのものでも差し上げましょうか? 
      いくらでも コレクションがぁぁぁ・・・・・ え、やっぱりいらない?
      
     
      

  4. misatip より:

    ヒーローかわいい&食べたい!!

  5. Baron より:

    Misatoさん☆
     
        えっ? ヒーローを食べたい???? 爆
        冗談です、 わかってますよ~!!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中