白壁塗りと掃除

 

先週の土曜日に壁塗りをしました 


左上:白熊( ぷっ )   右上:おじさん

イタリアの家の壁は漆喰白塗りが一般的。

二年に一回ほど、夏が来る前に塗り替えるのが一般的。
                                   なので 大抵のイタリア人のお宅は いつも真っ白!

今回 家賃を少し下げてもらう変わりに 本来なら大家さんが入居者が入る前に手配してくれる壁塗りを自分達でやることに。

Imbiancatore:漆喰職人 なんて専門職に頼むと ㎡いくらで縫ってくれるけど

多分、職人さんに頼むと2000€(325,000円???? )ぐらい軽く出る計算なので   

今回は家具もないし、自分達でやることに。

叔父さんを呼んで 白熊と二人で壁塗りをし、私が飛んだ漆喰を雑巾でふきとる手はずで始めたのが 朝の9時。

そして終わったのは 夕方5時。

休憩30分(昼食時間) 休むことなく働いたよ!

塗り始めて びっくりしたのは 白いと思っていた壁が 実はくすんだグレーだったこと。 何年壁を塗っていなかったのか・・・・。

床をきちんと ビニールで保護して汚さないようにして、準備万端だったはずが

 白熊の用意したビニールは 水玉状に丸い空気穴があるタイプだった・・・・・・

おかげで 穴から漆喰が染み出て 床の汚れたこと!!!!

オウ

それから 私の悪夢(?)が始まりました。

土曜から連日5日間 Pratoに泊り込んで

まずは 床を水で洗って 拭いて

窓と雨戸を洗って 磨いて 拭いて

それから 漆喰の飛翔が残る扉を拭いて 壁にあるタイルを磨いて

最後に 床を専用洗剤をお湯で割ったもので洗って 磨いて 

それから水をアンモニアで割ったもので 消毒拭きをして・・・・・

これ全部 白熊マンマの監督と指導のもと に 徹底的にやりました 
                                           そういえば イタリア人のマニアックなまでの掃除好きを忘れてました。
                              一年まるまる大晦日の掃除をしますです。 はい

実は 金曜日の夜に白熊父・マージョが前立腺の痛みで倒れて 入院。

それから マンマはめそめそしてばかり。 考えをそらそうと 掃除の手伝いをお願いしたのだけれど

マンマ 恐ろしいほどに 働く!

私も働いたけど 病院と家をいったりきたりしていたマンマ

私の10倍近く働いたと思われ・・・・


全体の床のタイル このタイルはクラッシックでなかなか素敵

木曜に マージョは手術をして絶対安静中。

家は綺麗になったので また明日から(金曜) Pratoとまりで 今度は電化製品を家に入れます。
                                                  洗濯機とか 冷蔵庫とか ガス台とかね。

マージョが早くなんの問題も残さず回復して マンマが笑顔を取り戻すといいのだけれど。

 

カテゴリー: Casa パーマリンク

白壁塗りと掃除 への2件のフィードバック

  1. meow より:

    イタリアの人はそんなに頻繁に壁を塗り替えるんですか!?
    壁を塗るのって楽しそうだけど、天井なんかは大変そうですね。
    日本では壁を塗るってあまり聞かないですよね。壁紙が貼ってあることが多いのかな?
     
    白熊さんのお父さん、早く回復されるといいですね。

  2. Baron より:

    Meowさん☆
      
       そうなんですよね。 綺麗好きだから・・・なんでしょうか。
       数年に一回は必ず塗り替えます。
       私のFirenzeの家・・・10年塗ってません・・・・。
                        引越し前に塗ります。
     
       白熊父は病院入院中です。
       ほんとに早く良くなるといいけど・・・・

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中