冬になると大家が・・・

 
ある寒い日に 大家が突然やってきた。
 
 
「 バロン、法律でガスの逃げ道になる通気口を作らなくちゃいけない。
 
で、 今から工事するから  
 
 
なんですと?
 
 
なんだかちょっとやーな予感・・・。
 
大家 3年前にも 「 バロン 新しい台所が欲しくないかい? 」
 
といきなりやってきて 台所を作り替え(やや新しめの中古台所を安く手に入れたらしい)
 
 さらに台所の天井をいじくりだして 穴をあけたのだけど その穴 まだ塞いでくれてない。。。
 
そしてそれをやったのが 極寒の日で 家中の窓が明け放れた状態で
 
がちがち震えながら 工事を眺めた記憶が・・・。
 
 
そして やってきたのは やはり寒い日。
 
 
「 すぐに終わるから。 ガスがこぼれて死にたくないだろう?チミ  」
 
 
ええ・・・でも風邪が悪化するのをまず防ぎたいです。
             つーか、もっと前に工事しておくべきものだったんでは?
 
しかし 反論する術もない 悲しき店子かな。
 
あっという間に 職人がどやどや入ってきたかと思うと カバーをかける間もなく 壁に穴をあけはじめた。
 
 
舞い上がる 粉塵。
 
吹き込む風。
 
 
果てしなく 終わらない。
 
 
そして なんといっても 職人の てきとーな作業・・・・それ どーよ???
 
 
穴を開けた周りに 管を通して まわりをアスファルトで固めようとしている若い子に
 
ベテラン言ったね。 「 いや、そんなの必要ない。 蓋すれば外からは見えないんだから 」
 
 
オウ・ノウ~!
 
必要です! 必要ですってば!!! 
壁に穴あけて 蓋なんて
それって ただの手抜き工事ではっ!!!
 
心の中で 思いの限り叫んでいたら
 
大家が丁度よく通りかかって 「 きちんと 管通せ。馬鹿者!!! 」 と。
 
 
ああ よかった。。。。
 
 
開いた穴 管を通して 周りを固めた所
 
 
しかし。
 
穴。
 
 
いいですよ。別に。 ええ。
 
だけど 大家が持ってきたものは ほんとうにただのサッシ状の蓋。
 
そしてどうやら それを壁の向こうとこっちに ぱこっと はめ込むだけ。
 
何か 開け閉めができたりするんじゃなかったっけ? 通気口って???
 
 
「 ・・・・あのう。 冬場はせっかくの暖かい空気が ここから逃げてゆくのでは・・・?」
 
疑問に朗らかに答える 大家。
 
 
「 バロン。暖かい空気は 上に逃げるだろう。 だから気温がすごく下がるって事はない。
 
まぁ・・・足下に風が吹き込むことはあるかもしれないけど・・・・ 」
 
 
足下が寒いんだよ!!
 
 きちんと漆喰を塗って 蓋をして去っていった 大家と職人を見送って
 
家の掃除を はじめた私。。。
 
 
ころを見計らって 蓋をさりげなくハズしたと思うと
 
 
アルミで 穴塞ぎ~~~!!!!
 
 
だって寒いのはいやです。
 
 
そういう訳で バロン宅。 意味のない空気穴がひとつあきましたけど
 
バロンが ガス漏れで死なない限り ここは内緒ということで
 
 
こんな古くて 空気があちこち漏れる家
 
穴なんか必要ないです。
 
 
 
できれば大家を穴につめてやりたかったバロンでした。
 
 
カテゴリー: Vita - Italia - パーマリンク

冬になると大家が・・・ への8件のフィードバック

  1. りか より:

    あまりの強烈な話しに目が点になった・・・
    あり得ない!!さすがイタリア・・とも思う。
     
    写真はネズミの出入り口みたいです。
     
    あはは☆完全にふさいでしまいましょう!
    虫一匹入って来れないように。
    きっと、他の方も同じ事をすると思いますよ。
     
     

  2. Baron より:

    りかさん❉❊❋❖
     
      ええ。。。もう。 さすが伊としか 形容できません!
      しかし この日を境にバロンの運気急下降。
      風穴ひとつで 風水でもかわったかと・・・。
     
      アルミじゃだめかなぁ。
      今度は 布かなんかで ぎゅうぎゅうつめます。
      上から 蓋してあるから 見えないもん(゚▽゚)

  3. カルメン より:

    あれ。。。?名前がでない。。。カルメンです☆
     
    しかし。。。写真見て驚きました。本当に「穴」なんですね?!
     
    しかも手抜き工事。。。すごいイタリア。。。
    なんだろう。。。あきらかに間違ってるのに堂々としてる大家さんも、憎たらしいですねえ。。。苦笑。

  4. Baron より:

    ななしのごんべさんはカルメンさん☆
     
      いやぁ、穴、でしょう!!!爆
      もう なんとなく足下がすーすーするのは気のせいでしょうか!
     
      そして夏場は あそこから熱された空気が入ってくるだろうと
      予想され・・・・。
      
      引っ越し 引っ越し(-_-メ)

  5. Unknown より:

    爆。
    「壁」の次は「穴」ですか~。
    「ネズミの嫁入り」みたいな話の展開ペース。
    「壁を下さい、といったら、壁に穴が空いた。」
    なんかのネタになりそう。ぶぷぷぷぷ…。
    (↑人ごとだと思って笑ってなさい。そのうち自分のとこも穴空くから。^^;)
     
     
     
     

  6. Baron より:

    ぐうたらねこさん☆
     
      朗報です。
      
      壁をくれ~、と叫んでいたら
      
      壁を提供してくれる人が現れました(゚▽゚)
      いってみるもんだな~爆
     
      なんかのネタだよね。 壁→穴→壁

  7. meow より:

    ガスが漏れて死ぬのもいやですが、家の中で凍死もしたくないんです。と、大家さんに言ってみるのはどうでしょう?^^;
    イタリア人には効き目なさそうですね?
    では思い切って、この穴の上にフレスコ画を残すというのはどうでしょう?…あぁ、でもそれはもったいない…

  8. Baron より:

    Meowさん☆
     
      
     いえ、私は決めました。
     この家は引っ越します(-_-) はい。
     
     大家は悪い人じゃないんだけど
     微妙に 相性が悪い。
     間がお互いに悪いというか・・・・。
     いえ 友達のお兄さんなんで なんともいえませんが 爆
     
     6月くらいに白熊地方に引っ越そうと 
     考えてます。 どんなことになるやら?(^_^)b
     
     穴には そのままアルミを残してゆきます。
     「 大家のバカ 」とか
     日本語で 残していってもいいかもしれません。 爆

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中