聖人アントーニオの眠る街~Padova~

 
 
Padovaには 世界中の巡礼者が訪れる聖アントーニオ聖堂
Basilica di S. Antonio があります。
 
バロン、知らなかったのだけど
 
キリスト教信者には かなり有名な聖地の一つにあたるらしい・・・・。 
 
 
世界中から アントニオさん、アントンさん、アントニウスさん アンドリューさん アンソニーさん
お参り(?)に来るのはもちろんの事、 聖アントーニオを守護聖人に決めてる人や
 何故か南アメリカからは 『お婿さん』を求めて 女性が願懸けにもくるらしい・・・・
 
一般的には 孤児の守護聖人で 失くし物をみつけるのも助けてくれる、という話なんだけど。
 
 
この聖アントーニオ、聖人になるからには 何か 偉大な事を成し遂げた はず 
結構 色々な所で 名前を聞く聖人なのです・・・・
 
 
 
お墓を訪ねる前に バロン 思い切って白熊に聞いてみた。
 
「 ねぇ・・・あのう 聖アントーニオって 具体的にをした人? 」
 
 
 
 
「 ・・・・・ あれ~? 」
 
 
ふと見ると いきなり教会横のお土産屋さん(蝋燭や御守やら売っている )に入っていって
 
 
「 すみませ~ん。 あのう、聖アントーニオって・・・・何をした人ですか~ 」
と 売り子のおねいさんに 聞いているではないですか!
 
お姉さん 「 ・・・・ 知らない 」
 
 
知らないんですか! あなたたち!!?
 
 
「 知らないって~ 爆笑 あ~よかった。僕だけじゃなくて 」 白熊
 
 
その後 機会があるごとに パドブァーニ( パドヴァ人 )に質問する白熊&バロン。
ほぼ 6人 みな知らないと回答。
 
 
一番 賢い回答は
 
「 聖アントーニオは世界中で いろんな奇跡を起こしました。
それは もう いろいろと 一口では言えない位・・・・。
 
この本に書いてあるから 買って読んでみては 
 
という やはり売り子のおばさん。
いいながらも どんどん顔があか~くなってゆく 彼女・・・・
 
 
知らないんですね。 あなたも。
 
 
7人目 やっときちんと教えてくれる おじさんに会って
少し ほっとする バロン&白熊
 
 
聖アントーニオ、 イタリア人じゃないそうです。
( 誰だ、パドヴァで生まれた って言ったヤツはっ???)
 
 
生まれたのは ポルトガルでアフリカのモロッコに殉教に渡り 体を壊してかえってきた所を
教会に認められて イタリア・フランスで活躍し
36歳で パドヴァで亡くなり、彼をまつるために この聖堂が立てられました。
 
 
 
この祭壇中央に 聖アントーニオの棺なるものが納められていて
世界各国の人たちが お花や蝋燭を持って 一列に並び 棺を手で撫でていく光景は
キリスト教でない私でも 心打たれるものがありました。
 
その棺周りには 交通事故でぐしゃぐしゃになった写真などともに
聖アントーニオに捧げる感謝の言葉が入った額、
 
児子の写真や その両親の写真・・・たくさんの感謝の言葉が・・・・。
 
今でも 聖アントーニオは 奇跡を起こし続けていると信じられているそうで
もしかしたら パドヴァの人よりも そこに集いにきている人に質問した方が 早かったかもしれません。
 
 
私達は 大きな蝋燭を X’masに灯すために
Padovaで 手に入れたのでした。
 
 
 
ただ~し
 
 
 
別の一角には 聖アントーニオの着ていた ボロボロの布などとともに
 
『 聖アントーニオの舌 』
 
『 聖アントーニオの顎と歯 』
 
『 聖アントーニオの心臓 』
 
等が 金ぴかに装飾されて 誇らしげに飾ってありました・・・・
 
 
 
 
棺の中には 何が残ってるんでしょうか
 
 
 
カテゴリー: Vita - Italia - パーマリンク

聖人アントーニオの眠る街~Padova~ への15件のフィードバック

  1. Haruna より:

    はぁ~(*´ェ`*)ポッあたしねぇ、マジでフィレンツェ行きたい!!!聖堂とかめちゃめちゃ綺麗!迫力ありそうキャッキャッ(*゜∇゜)(~∇~o)キャッキャッ聖堂巡り?とかしてみたいです☆ほんと。棺のなかには何が残ってるんでしょうね?気になるとこです・・・

  2. 夏水 より:

    おはよう~^^重くないよ。うん。。。また後で来るぴょん♪

  3. t より:

    お久しぶりです。お元気そうで何よりです。日本も寒くなりました。そちらはどんなもんでしょう。風邪ひかんようにね。時速200キロ未体験です。制限速度はないのですか?

  4. Baron より:

    Pink ☆さん>  (^◇^)ふふ。Pinkちゃん ここはPadovaだよ~❉  でもFirenzeには 有名なDuomoが あって  ( 情熱と冷静の間にでてきた 聖堂 )  砂糖菓子 みたいに 滅茶苦茶綺麗よ♥ ♡  Padovaは やはり北のせいか  ビザンチン形式の建物が大くて ちょっと  水のない ベネチアって感じでした~。  あの棺の中には 何がはいっているのか・・・  ほんと 気になってたまりません。  崇拝者の『念』だけ・・・という気も 爆

  5. カルメン より:

    すっごい更新されてるうう★☆あはは!!笑!!誰も知らないんですね!!あ~でも日本でもこういうこと多いんだろうな。。。人の国見てわが国なおせですね。。。てことはそこの聖堂でアントン!って呼んだらすごい数の人がふりむくんですね(≡ ̄ー ̄≡)キリスト教・・・さすが歴史長いだけあって、文化的面でもすごいですよね!!↓の展示会の写真に載ってる絵って、全部バロンさんの作品ですか?!・・・_| ̄|○・・・はうぅ・・・ちなみにバロンさんのブログは前から重いです笑。でも、重いだけのことはある!すっげ~!!って開いたときに感じるので、どんどん重くしてください笑!

  6. Baron より:

    夏水さん>  なっちゃん、お久しぶり~❉  重くない?  一応 WMPと なんだっけ、タイトル(わかるよね)を  省いてみただけど なんだかなかなか開かなくて  気になってたの。  またね~(^◇^)  

  7. Baron より:

    wweundertaker21さん>  お久しぶりです。  もうすでに風邪ひいています・・・  喉が イガイガ(ーー;)  Padovaが強烈に寒かったので  そこでヤラレました。  時速制限・・・・多分 120Km??  なはずなんだけど  高速は 120Kmをはるかに超えて走っている車が  たくさんいます。  私も200は 初体験。  自分でも 110までしかだしたことないもんなぁ・・・  車の屋根がね・・・ぎぴーって唸るんですよ 爆  

  8. Baron より:

    カルメンさん>  今 レス書いてたら いきなり消えタヨ  (ーー;)はう。  『アントン と呼んだら 皆振り返る・・・・』  爆(^◇^) そいつは考えつかなかった。  やってみればよかったなぁ 爆 爆  考えてみたら 私も 「 日蓮聖人はナニを 」とか  聞かれても 具体的に答えられないもん (^◇^)  Padova人を いじめてしまった 爆  でも きっと あの夜は みんな本を読んだり  人に聞いたりして 勉強したと思うなぁ うん。  ちなみに 下の絵、もちろん   みんな私の絵じゃないです (^◇^)がはは    一緒に写ってる ピンクがかったものだけよ。  あはは 豪快でいい!  カルメンさん 好きよ~♥ ♡    

  9. Baron より:

    ヽ(≧▽≦)ノ そうか・・・・  やっぱり重かったか。根性込めて 今まで開けてくれた皆ありがとう♥ ♡バロン・ブログ・・・これからも ますます    『 重く 』いきますです 汗

  10. Reiko より:

    聖堂とかって圧倒される雰囲気がありますよねー。心の奥の方から「うわぁ~」って言っちゃいます。私はいつも聖堂・大きな教会などに行くと飛んでいる・飛べそうな感覚になります。実際は地に足がぴたっとくっついてますが

  11. Baron より:

    leycoさん>  そう。私も聖堂はもちろん お寺とか  『祈りの地』って大好き。  ほんとうに 体がすっきりして  ふわ~ってするものね (^◇^)  いい気が流れてるんだとおもうんだ~

  12. カルメン より:

    ってことは、振り向きバロンさんと一緒に写ってる絵ですね??!!やっぱバロンさん、只者じゃない。。。すっごいですね!バロンさんのブログの中を旅したときに見つけた、最初の方に描かれた絵と全然違う作風ですよね?!抽象作(でいいのかな?)なのに、写実的な絵よりも、具体的に感じます。なんというか。。。写実的な絵画で逆に表しにくい、心の中が、抽象画によって、ダイレクトに伝わってくるかんじ。。。。うう。。。表現下手な人ですΣ(TДT )↓豪快?!豪快なんだ私・・・笑。なんだか嬉しいです(〃▽〃)

  13. meow より:

    ぷぷぷっ、みなさん知らないんですね!バロンさんの↑書き方にも爆笑しました!いつもおもしろすぎです!;;知らないことをそのままにしないで聞きに行く白熊さんもいいなぁ。^^外と中が、また全然違う感じですね。入ると、空気が違いそう。行ってみたいです。^^

  14. Baron より:

    カルメンさん>  その通り♪ バロンも具象画から始めたんだけど  ( そして具象が得意なんですが 爆 )  ほんとうに 描きたいのは 具象の向こうにある  感覚、感情、時の流れ etcなんだと気づいて  それから 抽象画に転向しました❉  前に見たのと 作風、違うかな?  多分 あんまりかわらないと 本人は  思うんだけど・・・・    ( あ!もしかして リトグラフィアのかな?      具象の花のやつ?? )  でも 流石 カルメンさん・・・   わかってる~ヽ(´ー`)ノ    

  15. Baron より:

    Meowさん>  中も綺麗で 荘厳でしたよ~。  確かに ちょっと空気は違ったかも。。。  結構 以外に地元の人の方が  聖人に関心がないかもしれませんね (^◇^)  スーパーマリオ(トスカーナ)に聞いてみたら  ちゃんと答えがかえってきましたもの。  しかも  「 ・・・で バロンは願かけしたか?」  ですって。  なんでも 棺に手を触れて  願い事をいうと かなうとか・・・・  (@_@;)ソウダッタノカ  全国共通の神頼み主義みたいなもの  感じました 私 爆

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中