Ben’s Game ~Make a Wish~

病気と生きる全ての人の為に・・・ベン少年の願い

6歳の時から白血病と戦うベン少年が 自分を含め、

いろいろな病気で苦しんでいる他の子供達が

なにか 楽しめて 治療に役立つようなゲームはできないものかしら・・・?

と 考えたのが このゲームの発端。

 

彼の願いをかなえたのは <Make a wish> という アメリカを基盤にする

"3歳から18歳未満の難病と戦っている子供達の夢をかなえよう!”

というボランティア団体で、現在 日本を含め世界に77の拠点を持っています。

 

メイク・ア・ウィッシュは1980年にアメリカで発足しました。

 アリゾナに住む、クリスという7歳の男の子は警察官になるのが夢でした。

しかし白血病にかかり、学校に行くこともできなくなってしまいました。

この少年の話を聞いたアリゾナ警察の警察官たちは、

本物そっくりの制服とヘルメットとバッジを用意し、

クリスを名誉警察官に任命することにしたのです。

 小さな名誉警察官は規則に従って宣誓し、駐車違反の取締りもし、

また、ヘリコプターに乗って空からの監視もさせてもらいました。

ミニチュアのバイクもプレゼントされクリスは大喜びでした。

 5日後、クリスは亡くなりました。

警察では、名誉警察官のための葬儀を執り行いました。

ほんの短い間でしたがクリスの夢はかなったのです。

 クリスの夢の実現に関わった人々は、他にも、大きな夢を持ちながら、

難病のため夢をかなえることができない子どもたちがいるに違いないと考えました。

こうして設立されたのが、メイク・ア・ウィッシュ基金なのです。

 

 

 

 べン少年の夢は エリック・ジョンストンというソフト・エンジニアと

めぐり合う事によって 叶えられる事になりました。

 

エリックは どうせ作るなら「 ベンと一緒にゲームをつくろう! 」と

二人で定期的に逢っては ベンの専門医も交えて 医学的アドバイスもうけながら

このゲームを作り上げることに・・・

 

 Ben’s Gameの遊び方 

 

ベンとよく似た少年が ボードに乗って

( 最初にアイコンを選べるので 他のキャラでも遊べます。

バロンは MAI という日本人の女の子です )

縦横無尽に 自分の体の中を駆け巡り、

病気の細胞を退治して、体を直してゆく・・・というもの。

 

 

矢印カーソルで 方向をコントロールし、スペース・キーで攻撃します。

 

赤く発光する 病気の細胞を破壊するのはもちろんですが

化学療法で起こりがちな 副作用から身を守つ為に

7つのシールドを集めていかなければいけません。

 

この7つのシールドは 7匹の恐ろしいモンスターによって守られていて

それを倒す為には 自分の意思や家族の愛情だけでなく

病院や薬、あわせて3つの力が武器として必要になります。

このモンスター達が なかなか恐ろしい・・・ 爆

 

● 寒気 : アイスマン・モンスター
● 吐き気 : ロバーフ・モンスター
●水ぼうそう : ビッグ・チキン・モンスター
●熱 : ファイヤー・モンスター
●出血 : 吸血モンスター
●脱毛 : Qボール(つるつる)モンスター
●発疹・かぶれ : トルネード・モンスター

 

このゲームは 現在 たくさんの病院に設置されていて

難しい病気とたちむかっている 子供達に勇気をあたえたり

何故 嫌な薬や注射をしなければいけないのか

理解できる手助けとなっていると聞きます。

 

ちなみに ゲームは 無料でダウンロードできて

誰でも 気軽に遊べるようになっています。↑からどうぞ 

 

病気は何故かかるのか 誰にもワカラナイし

子供達にとっては なおさら理解が難しい・・・。

 

こういう形で 具体的に 病気と立ち向かっているイメージが

得られる事は バロン 実に素晴らしい事だと思います

 

 

 

さて バロンも 病気が全治しているイメージを このゲームをしながら

心にやきつけようっと ♪

 

今度うける一年目乳がん検診にちょっとドキドキなのでした  o(≧ω≦)o

 

ちなみに この記事は この方の記事 を参考にしました。

ありがとうございます(^◇^)

カテゴリー: Salute パーマリンク

Ben’s Game ~Make a Wish~ への10件のフィードバック

  1. Unknown より:

    そっかぁ すごいねでも たくさんの人たちの 希望になった病気で苦しんでる子供たち そしてその子供を愛する親たち夢と希望を胸に突き進んでほしいなぁ・・・バロンもいつも明るい笑顔と心が病魔をやっつけているとアリママは信じていますよ笑顔 笑顔!!

  2. Unknown より:

    <Make a wish >・・・・・たしか今年の24時間テレビの中のドラマにも ちらっと出てきたような・・・。私も入院してた時に 病院の中で小さな子が車椅子に乗っているのを見かけたけど、大人の私でさえ 病名聞いたときは ショックだったのに私が見た子供達はみんな きっと病名も知ってて受け入れて闘っていたのよね・・みんな がんばってほしいな。・・・・・・それにしても『がんセンター』って 病院名どうにかならないかしら? アリママちゃんの言うとおり!!バロンちゃんのいつも明るい心、病魔の方から逃げてくよ。私もバロンちゃんから 笑顔と元気もらってるもん!  検診きっと大丈夫!!!帰国したら 会いたいな。。。

  3. Baron より:

    アリエルのママさん> うん(^-^) このゲームはある意味すごいよ。  ( でも やってみたら 結構 リアルで    モンスターが手ごわいから 怖い。    そして 途中でやめられない・・・    ゲンが悪そうで~~ 爆 ) なんかねぇ、歯医者さんに行くみたいで こわいよ~  o(≧ω≦)o <ない>って 思っても  虫歯が~・・・みたいな?  大丈夫。 一年目はクリアします☆

  4. Baron より:

    だんごMAMA さん>   <Make a wish >出てましたか (^。^)  バロンは このブログを書くまで  この団体の事は知らなかったので  結構 感動しました ❉  <がんセンター>確かに すごいよね~ 爆  なんだか 名前だけで ぎょっとする・・・  もっと かわいい名前には ならないもんかしら   ( キャン・センターとか?)    日本に帰ったら 皆できのこ大会しませんか?  もちろん キャプテンはおじさん     o(≧ω≦)o ぷぷぷ     

  5. 昌市 より:

    癌の事は 心の中に いつもひっかかっていて何かの時に ズキンとくるよね~!でも 前向きになって レッツ ゴーだね~!ストレスためないでね!!怖くてゲームできないよ・・だって・・途中で止められないし やられたら??余裕のあるときに やってみるね!

  6. カルメン より:

    はじめまして!!マリーコさんのところから飛んできました!!というか。。。。実は、マリーコさんがブログをリニューアルされる前から、ずっとこっそり見てました(爆)なにか恐れ多くて(笑)カキコミできなかったカルメンですΣ(-∀-;)バロンさんのお洋服とか、もろ、私好みで、これどこで買えるんだああ!??とか思ってました・・・_| ̄|○・・・はうぅ・・・私、このゲームとベンのお話は結構前に、ケーブルかなんかのテレビで見たことあります!大人でもできないであろう、自分が苦しい状況で、他人を思いやるベン、そして、ゲーム作りに全面的に協力する大人。に感銘をうけました。そして、ご自分が、大きな病気を抱えてらっしゃるのに、どんどん、前進し、楽しく充実した生活を送ってるバロンさんも、本当、尊敬しちゃいます(≧o≦)ノでも、バロンさんのように生きてらっしゃる方は絶対に、病魔に勝たれると思います!!!でわ☆★

  7. Baron より:

    でー巣 で でー巣さん>   o(≧ω≦)oう~ん。ありがと♥ ♡  子供の時は 自分は<根暗>だと思ってたけど  今 自分を振り返ると 恐ろしいくらい  ポジティブ・シンキングで明るい性格です。  ・・・なんで 根が暗いのでは、なんて  考えていたのか 幼いバロン。 ぷっ(^。^)                かっこつけたかったのね  バロンの性格の良さは ママンゆずり。  これだけは 確かで~す。          ↑       自分でいうな  ゲーム、以外に簡単で 多分絶対勝てます。  最初のコンパネで 日本語設定にも  できるので 時間がある時に試してみて(^-^)

  8. Baron より:

    カルメン6さん>  ゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+ いらっしゃい カルメンさん☆  うわぁ なんか嬉しいなぁ。  こうやって コメントもらえるの❉  恐れおおいなんて・・・バロンのブログなんて  基本的に お気楽ブログ なんですから  ど~んと つっこんでくださいまし。 笑  この話、TVで取り上げられてたんですね☆  そのドキュメンタリー観てみたい(^-^)  きっと。。。バロンはホロリとくるはず。             涙もろいんですよ~ 汗  ( 実は Make a Wish のリサーチしただけで    PCの前で感涙の私・・・     ちょっと涙腺弱すぎ~  o(≧ω≦)o )  カルメンさんの勢いのある励まし・・・  バロンは大ウケしてしましました❉  これからも どうぞよろしくお願いします (^◇^)  

  9. t より:

    良いイメージで病気を寄せ付けないようにしないとね。バロンちゃん持ち前の明るさで、きっといい結果に違いありません。当方3日間の冷戦が終結しました。 所詮、男が白旗を揚げて・・・こんなもんです。

  10. Baron より:

    wweundertaker21さん>  男が白旗をあげて・・・ですか。  ヽ(´ー`)ノ まぁ 譲れる者が真の勝者って  いうではありませんか。  お互いヘソを曲げてしまっては  せっかくの毎日が もったいない。  バロンは いつもさっさと謝っちゃって  相手の度肝をぬきます。  その代わり やる時は 徹底的ですよ 笑                 ↑                コワヒ  バロンはこの乳がん経験さえなければ  健康優良児そのものだったんですけど  こういう経験を通して 理解できる事もある。。  って 今思ってます。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中