Baroncia きのこ図鑑

 
 
肉厚でこんもりとした あか~い傘に
 
白いまんまるい斑点・・・
 
そこから伸びる柄も あくまで白く
 
子供の頃に 1度は絵に描いた そんな茸。
 
 
 
バロンは 今まで こんな茸はおとぎの国のものだと思っていましたが・・・
 
 
どっこい!
 
実在することが判明。
 
 
 
Amanita Muscaria
 
日本名:ベニテングダケ
 
 
 
日本語名があるってことは 日本でも取れるんですね~。
 
 
実は バロン、白熊の家に茸を食べに行く時に
 
本屋さんで 茸ハンドブック なるものを購入。。。
( もちろん 今後の研究の為 )
 
道々 勉強していったんですけど
 
そこで この紅天狗に目を留めたわけです。
 
驚くのもつかの間、写真の上になにやら不安なマーク☠を見つけました。
 
 
 この可愛らしいお伽のきのこ
 
 
お気づきだとは思いますが
  思いっきり毒性です 
 
吐き気や下痢、幻覚症状を引き起こし、1~2本なら症状も軽いけど
食べ過ぎると にいたることもあるとか!
 
こんな 赤い茸、どうみたって 毒キノコ。
 クウヤツいる訳ナイ。
 
・・・と 思っていたのに 美味 だそうです。
                                  たべたくなるじゃんかっ! 
                                しかも 実際食べた人も発見!→ぽちっとな
 
 
しかし 茸のハンドブック。
 
バロンの想像をはるかにうわまるような形態のきのこがあふれ
 
( 中には この前 取ってきたものも もちろんありました☆ )
 
同じような物でも 食べられたり、死にいたるほど毒性が強かったり・・・。
 
 
そういえば 毎年 この季節になると
 
イタリアのあちこちで 中毒をおこしたり 死んだりする家族のニュースが 
 
流れる事を バロン、なんとなく思い出しました。
 
 
茸狩りは 達人 といかねば!
 
 
 と 心に強く誓うバロン、
 
その後 あんなこと が白熊宅で待ち受けているとは・・・・
 
 
                                        


 
 
 
さて 白熊宅。
 
着くと 家中なんともいえない茸の匂いに満ち満ちていて
 
バロンは 着くなり幸せな気分に・・・
 
でも
 
出てきた 白熊マンマ、なんだか顔色が冴えません。。。  
 
 
「 実はね、私 子供の時にキノコにあたって 死にそうな目にあってね、
 
大人の時にも一回あるから 茸はあんまりすきじゃないのよね。
 
もう 朝から この匂い・・・いやーで。  」
 
 
 ナルホド・・・。 確かに 一度食べたものにあたると
 
その後 匂いをかいだだけでも 嫌になったりする事は 良くある事。
 
 
バロンは 子供の時<味噌飴>を一度食べて
 マズイ飴~ と思ってたら
その後 気持ちが急に悪くなって 吐くわ 熱だすわ 
大変な思いをしたので、 赤味噌の味・・・実はあんまり好きじゃないです。
だから 味噌田楽とかも あんまり好きじゃない。 
< 味噌飴 >と書いただけでも ちょっと気分が悪い・・・ユルヒテ
 
 
でも 白熊マンマの キョーレツに嫌そうな顔を見ていると
 
先ほど 電車の中で 見てきた 毒キノコ達の図が
 
ぐ~る ぐる 頭の中に回ってきて なんだかビミョ~に心配になってきました。
 
 
ホントに 私達のとった茸は大丈夫?
↑ ビミョ~加減を色で現してみました。
 
 
さて そんな中始まった 茸パーティ、出席者は
 
異常に嬉しそう  な 白熊・マージョ・バロンと
 
ふつーに嬉しい  白熊兄とディレ(姪)
 
顔色が今ひとつ冴えない  やはり一度茸にあたった 白熊兄嫁
 
私は キノコ食べないから! と鼻息もあらい 白熊マンマ
 
                                     計7名。
 

メニューは

 

前菜 : マッシュルームのパテのクロスティーニ
       ↑ 買ってきたもの 
 
   プリモ : ポルチーニのタリアッテッレ・パスタ
       ↑ 買ってきたもの
 
   メイン : ステーキのポルチーニ乗せ
             ↑ 採ってきたもの
 
   野菜 : 森のミックス・きのこ炒め
             ↑採って来たもの
         ミックス・サラダ
 
   デザート : チーズ、フルーツ
 
 

 
 
 前菜・プリモと和やかに 食事は進み
 
やってきました。 メイン・森のきのこづくし❉
 
ど~んと焼かれて 湯気のまだ出ているフィレのステーキ
別のお皿に 盛られた ポルチーニのソテー 
 
まず、兄嫁が お肉を採り、遠慮気味に一番小さいポルチーニをお皿に・・・
 
バロンも どのポルチーニにしょうか迷っていると
( 大きさに差があったので 爆 やっぱり大きいのは取りにくい )
 
兄嫁が かちゃん とフォークを置く音が聞こえました。
 
 
「 このポルチーニ、苦い。。。」
 
 
    ←マンマ ←兄嫁
 
 
一瞬 皆固まり 兄嫁を凝視。
 
マージョが 「 いや、ポルチーニだったら 苦いなんてことは・・・ 」
 
と 言う最中、もう一口食べて 皿に吐き戻す彼女・・・
 
「 ううん。本当に苦いのよ? 誰か食べる?? 」
 
 
し~~~~ん 

 
 
   ←マンマ 

 
 あっ!( まずい、と思うバロン・・・)
 
「 私 食べる。 私に ちょうだ~い? 」 
 
 
    ←マンマ 
 
 
はい、と渡された 小ぶりのポルチーニをさくっと切って 断片を見る。
 
真っ白くなくてはいけない断片に 何故か 紫の斑点 が見える・・・
 
さりげなく白熊に見せる  何も言わない。
しょうがない。 食べるか。
 
 
・・・・
 
うっ
 
にっ・・
 
にがいっ!(
なんてゆうか、 を焦がしてしまったみたいな・・・
 
 
「 ・・・にがいです。これは止めたほうがいいです。。。」
 
 
   ←マンマ 
 
 
はっと なって マンマを見ると 棒立ち・真っ青。
 
 
「 だから キノコは あぶないのよ! 捨てるから。 捨てるわよ。それともまだ誰か食べるっ?
ええ、ええ。わたしゃぁ きのこ なんて信じませんとも。
だから 危ない って いつも あれほど!!! 」
 
 
切れました・・・。
                          いえ マンマ まだ誰もあたっていませんから・・・
 
 
私から きのこをあっという間にさらって ゴミ箱に行こうとするマンマを
白熊 呼び止める。
 
「 いや マンマ。 大丈夫だって。僕達が拾ったの、全部確認したし 」
 
きっ  ←マンマ
 
「 じゃぁ あんた 食べなさいよっ!」
 
逆上マンマ。 
 
幼い頃に毒キノコを食べさせられた怒りが
全面噴出しているとしか思えません。
 
 白熊にむかって ポルチーニを突き刺したフォークを差し出すマンマ・・・
 
「 マンマ。 いいよ、もう。 苦いンだから、食べないほうがいいって 」
 
と フォローを入れるバロンの声も
かき消す勢いで マンマ どなります。
 
 
「 いいの。 白熊が 食べたい って いってるんだから、
このフォークわたしてやって!!! 」
「 ほら Mangia!! 食べなさいよっ!」
 
 
ぷっつん
 
 
 
バロンの頭の中によぎる悪い魔女画像
 
 
思わずマンマの手からフォークをもぎ取ると バロン、席を立ってつかつかとゴミ箱に
問題のキノコを捨てに行きました。
 
 
 ←マンマ   ←バロン
 
 
単に 苦いキノコかもしれないのに、あれやこれやと これ以上議論させたく
なかったんです。
 
せっかく美味しく食べていたのに
こんな事をしていたら お腹の消化がとまって
良いキノコだったとしても 全員 食あたり じゃぁないですか。
 
しかも もう2人も食べたんだから 万一を考えて 食べさせないのがフツーでしょ。
 
 「 さ・・・。 私はこの大きいのを食~べよ 
 
 
皆が ボーゼンとしている中、一番大きいポルチーニを皿に盛り
 
むしゃむしゃ食べはじめた バロン。 どさくさまぎれ
 
そのうち みんな 毒気 を抜かれたのか、留まっていた動きが戻ってきました。
 
 
でも
 
 
でもね
 
 
バロン 内心 どきどき でした。
 
 
 
やっちゃったよっ。 今まで 行儀良くしてたのにっ。
 
バロンの正体やぶれたり!
 
っつ~か、それより
 
さっきので あたったら どうしよう。
 
 
食事が終わって 帰り道、
 
兄嫁 Cinzia に こっそり言うバロン・・・。
 
 「 お腹がへんになったら 教えてね。二人仲良く 病院に行こうね 」
 
 
一晩寝ても ちゃんと 冥土 ではなく
 
自分のベットでぱっちり眼が覚めたので
 
毒キノコでは なかったようです。
 
 
なんだったんだろう・・・
 
よっしゃ、また行くぞ。茸狩り  ←こりない
 
 


 
 
ちなみに、前半部分のおとぎの茸。
 
スーパーマリオ曰く
 
「 子供の頃、家のおかずを盗んでゆく野良猫がいて、
やっかいだったので ある日、あの茸をひろって
薄くきって フライ にして テーブルの上に置いておいたら
案の定 盗んでいって、あとで見に行ってみたら
死んでた よ。 すごい効き目だった。」
 
との事なので、くれぐれも常識のある皆は
食べたりしないでくださいね。
 
                             
カテゴリー: Vita - Italia - パーマリンク

Baroncia きのこ図鑑 への21件のフィードバック

  1. Unknown より:

    きゃあっこれは おとぎの国のキノコ~~だけど 毒きのこでも 美味しそうで食べちゃうんだよねそんで 死んじゃうの・・・悲しいお話だけど 美味しかったのかな・・・フグなんかもそうだけど命をかけちゃうほど美味にきまってる~ うん きっとそうだ

  2. t より:

    おもむろに 押してみたなら 大和びと 命をかけて 食すベニテン白熊さんちで待ち受けていた  あんなこと  なんだろうなあ。 

  3. Haruna より:

    うっひゃぁぁぁ~\(◎o◎)/!凄いキノコ・・・聞いたことも見た事もない・・・見るからに怪しいって思いながら読んでたら、やっぱり毒キノコ・・・キノコ食べるのはあんまり・・・だけど、採りには行ってみたい☆色んなキノコがあるんだろうなぁ~( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・本当に美味しいんですかねぇ・・・疑問・・・

  4. Reiko より:

    ううう。スゴヒィィィィイイィイイ!!実際におとぎの国に行けちゃうのね♪うふふってか食べた人のレポが面白い★『軽くゲロ吐いた』って・・・ぷぷぷ(軽く・・・ねそしてかなり美味しかったそうで試してみたくなりました。良い子はまねしちゃだめよ!

  5. rei より:

    はじめまして!マリーコ嬢のとこからお邪魔しました!前から行ってみたい国だったイタリア!大阪人とイタリア人はとても似ているとイタリア人から聞いていたこともあって好きです!(ちなみに大阪人です!)とても素晴らしい国で素敵なダーリンさんと☆大学最後の年、イタリアにいこうと思っています!良ければココお勧め!あれば教えて下さい!小学校の頃、学校のトイレにキノコが生えてたの思い出しました笑!

  6. Baron より:

    アリエルのママさん>   o(≧ω≦)oでしょ~。 キョーレツすぎて  バロンも図鑑に眼が釘付けになりました。    だけど・・・   >悲しいお話だけど 美味しかったのかな・・・  ・・・。アリママさん、それって・・・  なんのお話。。。  とにかく! 命をかけて食べてもいい程美味なものは  食べないのがいいよね~。  一度 食べて美味しかったら  病みつきになって  本当に死ぬまで 食べちゃうもん。❉~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~❉wweundertaker21さん>  5・7・5・7・7 ですね❉  見事なお手前っ!  白熊宅の事件 なんとかUpしました(+_+)  一度 Upしてから 書き足すの  実は 結構 大変なことに気が付きました。  ( MSNの動きが悪い )  今度から 違う方法を考えます・・・。  さて 後編、気にいっていただけましたか?  

  7. Baron より:

    Pink☆さん>  あの毒キノコ、Ovoliっていう超美味しい茸の  親戚らしく 毒さえなければ   本当に美味しいみたいです。 爆  でも あの色と形で たべたい~!って  思う人は あんまり居ないと思う・・・。  <もって帰りたい♥ ♡>ってのは  あるかもしれないけど・・・。❉~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~❉leycoさん>  ふふふ❉ヽ(´ー`)ノ   おとぎの国にようこそ~・・・(だとカワイイ)  どうやら噂に高い < マジック・マッシュルーム >の代用にする  あぶない人たち もいるみたいだけど  吐きながら幻覚見て ど~すんだっ、ってゆーのが  バロンの感想かな~。 爆  ・・・でも あんなに陶然と ウマイッ って書かれると  たべたくなっちゃうよねぇ・・・ o(≧ω≦)o                     ↑                  十分あぶない  

  8. Baron より:

    rei さん>  はじめまして(^-^) rei さん❉  マリーコしゃんのトコですか? ・・・ってゆうことは   rei さんも ガイカレ???  イタリアに来てみたいとのこと。  バロンでよかったら 教えますよ~。  ちなみに大阪人と 南イタリア人は  かなり相性がいいみたいですよ。  ボケとツッコミとか・・・。  ところで イタリアの何に興味がありますか?   rei さんは 何関係の勉強をしているのかしら?  イタリアって 興味の方面によって  いろんな味のある旅ができると思います(^◇^)  。。。学校のトイレにきのこ???  なんか それって 爆                 もちろん毒キノコだよねぇ。

  9. fumi より:

    本当にきのこ好きだよね…真吾ちゃんも、相変わらず好きだよ、きのこ。。。実は私は苦手なほうです。少しならおいしく食べますけど…あまちゃんと真吾ちゃんとかいちゃんと三人で昨日はしめじをにこにこ食べてました。。

  10. fumi より:

    書き忘れちゃった。今日の朝、教育テレビでパパイヤ鈴木と、遠藤久美子がイタリア語講座をやってた(たぶん題名は違うだろう)。来週が最終回だというんだけど。。。面白かったよ、ああ~最初から見ておきたかったよお~久しぶりに聞いたら聞き取れなかった。やっぱり、継続しなきゃね。てへへ。。。

  11. t より:

    バロンちゃんこんにちは。 どうもなかったようで 良かったです。1本だけ 傷んでたのでしょうかね。 バロンちゃんも結局味わうどころでなかったんですね。白熊さんも 食べてないんですか。今度こそは いいのを採ってきてください。 ポルチーニ食べたい。  

  12. Baron より:

    Fumiママさん> >教育テレビでパパイヤ鈴木と、 >遠藤久美子がイタリア語講座をやってた  ですと?  なんか面白そう(^◇^)  私も それみてみたいけど 最終回かぁ・・・。  ザンネン 日本帰国に間に合わない。  きのこ 今日の夜から 白熊家に行って  明日の朝 はや~い時間にまた出て行きます。  ・・・でもね、天候が崩れそう (T_T)  雨の中 決行はやっぱり嫌だ    

  13. Baron より:

    wweundertaker21さん>  こんにちわ~❉  さてはて あれ、今となっては  本当にポルチーニだったかどうかギモンです 爆  今回は 間違いのないよう  図鑑こわきにかかえていくつもり(^◇^)  今回こそ ポルチーニをっ!!!          ↑        いきごみたかし

  14. 嵩Song より:

    好麼,這一篇可真夠長的。。。

  15. きき より:

    茸狩りの成果はいかに?ずいぶん前に山登りをしていた頃、小さいベニテングダケを見たような記憶が・・・野草図鑑(野イチゴやきのこ)を持っていってたのでいちおう何となくわかったんだけど・・・もちろん。食べてないし。野イチゴは結構食べたけど(≧▽≦) 

  16. Baron より:

    冠世榴園>  謝謝(^◇^)   

  17. Baron より:

    ききさん>  今回は 本物のベニテングをみたよ❉  私が みたのは結構大きくて  ほんとうに 小人とかが イス代わりにしてそうな  やつだった~。  キノコ狩りの成果は 明日の朝あっぷするから  まっててね~(^-^)  野いちご・・・バロンも好き。  ブルーベリーとかも。    なんか自然愛好家というよりは  もしかして タダ食い意地がはってるってだけかも~爆

  18. Haruna より:

    ひょぇぇぇぇぇ~(((ρT-T)ρオヨヨマンマ・・・ちょ~怒ってる・・・っていうか、怒り狂ってる・・・( p_q)エ-ン(笑)Baroncia姉シャンの書き方が面白くて、笑ってしまいました(笑)でも、一度何かにあたったり、異常が出るとそれはもういい!って気になっちゃうのわかります・・・( ̄。 ̄)ホーーォ。

  19. Baron より:

    pink ☆さん> Ciao~(^◇^) そうなの、あの時のマンマは 本当に 怖かった~。 確かに きのこが怖いマンマには きのこ好きのバロン出現は 白熊&マージョに いきおいをつけて 可哀想かも・・・。 つらいのは 分るんだけどね~ 止められない~~~ヽ(´ー`)ノ オイシイシ 新しいきのこ話も気にいってもらえたかしらん❉

  20. まみ~ より:

    ポルチーニといえば・・・私はポルチーニはよく知らなかったのですが、バロンさんの記事を見て思い出したことがひとつ。クリスマス&お正月にダーリンの家に行っていた時、1月1日はやっぱりお雑煮が食べたいな~と思い、ベジタリアンのダーリンにお雑煮を作ろうとダーリンのキッチンへ!そこで問題が・・・私はお雑煮を作る時に昆布とカツオだしを使うのですが、べジーのダーリンがカツオが駄目だったので悩んでいたら「カツオに似ただしあるよ」と出してくれたのが乾燥ポルチーニでした。半信半疑で昆布&ポルチーニのだしを使ってお雑煮を作ったら・・・うまい!!じゃないですか!見事カツオちゃんの役目果たしてくれました♪

  21. Baron より:

    ♪まみ~♪さん>  昆布&乾燥ポルチーニで お雑煮!  かっこいい!!!  しかも うまそう o(≧ω≦)o おぉ  確かに ポルチーニは良いおだしがでるから  そういう時のピンチヒッターになりそう・・・   問題は高いことだけど・・・;  ♪まみ~♪さん それ、使えるヽ(´ー`)ノ♥ ♡  

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中