バカンス報告 その1

キャンプ生活 ~子供達の来襲~
 
 
さて バカンス話をぼちぼち♪
 
最初になんといっても話したいのは
 
<イタリアン・キャンプ生活>
 
でしょう! やっぱり。
 
 
バロンは初めてのイタリアン・キャンプ生活を満喫してきたのですが
 
私達が借りたのは 下の写真右上のようなバンガロー。
 
なんと
 
キッチン、冷蔵庫はもちろんのこと、トイレ・シャワー・クーラー・駐車場付き 
 
それって、キャンプなの・・・?
 
 と 首を傾げたくもなりますが、キャンプ場も日々進化しているんですね~。
                               日本もそうなのかなぁ

もちろん テント地区も キャンピング・カー地区もキャンプ場にはあったけど
 
レストラン・バー・スーパーも完備で、雰囲気は まったく 海辺の 村。
 
 

イタリア人はキャンプ愛好者が多いそうで

 
一ヶ月近くある有給休暇を使って キャンプに友人・家族と住んでしまう人達が一杯!
 
驚いたのは 植木を持って来てたり、
 
ちょっとした土地を耕して
野菜
作ったりしている家(テント)もあったこと!
 
お手製で 表札まで飾ってあったり
なかなか手がこんでいるぞイタリア人  好きだわ~
 
 
キャンプ場の中では
 
 皆、水着で朝から うろうろ歩いているし(海から徒歩3分)
                             もちろん バロンもだ!
ちょっとしたテラス付きの庭のようなスペースで
 
 ご飯を食べたり TVを持ち込んでいて 見てたりするので
 
( 皆 キャンプ場にTVを持ってきてた~。これにはバロン、びっくり!
キャンプ場でも TVかぁ、と。
私達くらいじゃないかなぁ、たまの夜にPCでDVD見たりしてたの・・・)
 
お隣さんの生活スタイルはマル見え、
 
すなわち親しみ感倍増!という訳で あっという間にお互い仲良しに。
 
バカンスムードで イタリア人のひとなっつこさ 炸裂
 
なのですが、なんといっても すごかったのは
 
ビンビ:子供達
 
白熊とBaroncia、子供達の来襲にあったのでした。
 
                     お話は写真下に続く。。。
 
                            キャンプ生活ダイジェスト  
 
 
 
それは ある日突然 
1人の男の子が バンガローを覗き込んでいた事から始まりました・・・・。
 
「 はいってい~い? 」
 
すんごいローマなまりです o(≧ω≦)oイイワヨン カワイ~ ♡
 
この男の子、マッティア(3歳)と言って
 
まだ子供なのに イッチョ前の男っぱさがあるローマっ子。(写真・真中左)
 
ひく~い声と 骨太な身振り、発言に白熊 イチコロ。
 
それを 皮切りに 近所の子供が現れる、現れる・・・・!
 
 
いえ、もともと 白熊 子供にすごいもてるんですね。
そして キャンプ場に現れた ナゾの東洋人(私)、
 
これで子供が興味をそそられない方がムリ
 
毎日 顔出しにくる子供達
 
夕食を食べてると
 
「 食べてい~い? 」と摘んでいったり
  私達が何を食べているか 興味津々。
 美味しいといっては おかわり要求
 
私が 化粧をしていると 隣に来て レクチャーしてくれたり
ウケたのは 私がビューラーを使う事
イタリア人には必要ないもんね
 
果ては 女の子は白熊の彼女の座を奪いアイ 私の存在は?
 
白熊&バロン
 
一躍 キャンプ場の子供のアイドルに!
子供たちがいなくなると 親の探す場所は まずバロン・バンガロー
 
 
 おかげで キャンプ場の事を思い出すと
 
かわいい ビンビ達(子供達)の姿も一緒に浮んできます
 
キャンプ生活、楽しかったなぁ・・・
 
これからバカンスは このタイプでしたいと思ったバロンでした 
 
 

 
おまけの
マッティア 名言集 
 
         その壱
入口で さりげにバロンを探すマッティア
 
 M 「 おい、アレ(私の事;)はドコダ?」
 
                 白熊 「 中にいるよ 笑  
               知ってるかい、アレは 実は 宇宙人 なんだよ 」
                                       (-_-;)オイ
 
                 間髪いれずM 「 んな訳 ねーだろ。」
 
 
         その弐
 
                 M 「 お前 筋肉すげーな、(白熊) オレもだヨ 」
 
 
         その参
 
                レストランに来て ちゃっかりジュースやポテトをおごられるM。
                  お母さんが 探しに来て帰り際・・・
 
                ママ 「 マッティア、お礼は?」
                M  「 チャオ~(あくまで低い声)
                                        
カテゴリー: Vita - Italia - パーマリンク

バカンス報告 その1 への9件のフィードバック

  1. 夏水 より:

    バロンちゃ~ん^^わぁ~い^^バカンス報告だぁ~♪今ね、更新されたスペースから入ってきたの^^見つけて、嬉しくて飛んできたんだけど・・・でもね・・・夕ご飯の支度しなくちゃ^^;あは^^;明日、ゆ~っくり読ませてネ♪

  2. まみ~ より:

    マッティア君かっこいい!将来有望だ~。ビューラーといえば。。。私もキャンプ生活をしていたころ、ドイツ人のテントメイト(一緒のテントで寝泊まりした子)がビューラーに驚いてました。その子は超長いまつげにくりんと綺麗にカールしてたから必要ない。友達でもやってないそうだ。他のアジア人ならやってそうだけど・・・日本人だけなのかしら?

  3. Baron より:

    夏水さん>  いらっしゃ~い!  更新したスペースから・・・?  はや~い^^  バカンス報告 なんだか長くなりそうです。  なので ゆっくり時間がある時に  目を通して下さい❉  待ってま~すヽ(´ー`)ノ❉~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~❉♪まみ~♪さん  マッティア、かっこいいでしょう!  これが しぶ~い声で いけてるのよ。  私の姪(3歳)にどうかなぁ・・・なんて  ちょっと おもっちゃったり・・・。  ビューラー、皆使ってないし  お店にも売ってないねぇ・・・・。  もしかしたら 東洋人だけなのかも?  とにかく 女の子に見せると 皆興奮します。笑

  4. fumi より:

    いいなあ~白熊。うちの旦那、真吾パパもいつもキャンプの時、パパ集団よりお子ちゃま集団の中にいる。付きまとわれつづけるのだ。。。まあ、あまちゃんが一番パパフリークなんだけどね。今、私は発熱中、、、だるい~長期キャンプは凱が大きくなったら行きたいなあ。せめてマッティアくんくらいになったら。今は一歳半だからね。。

  5. 夏水 より:

    ゆっく~り、読ませていただいたよん♪楽しそうだね~^^実は私・・・キャンプってトイレ、シャワーなしってイメージがあって苦手だったんだけど今の日本もついてるみたいだね^^バロンちゃんが行ったところも、キレイなところだね~^^テントじゃなくて、ペンションみたいじゃない^^?これじゃ、帰りたくなくなっちゃうよね^^そそ、ビューラーといえば・・・私、ビューラーとマスカラして笑われたことがあるっ!!なぜにってね、、、長すぎるからだってぇ!!あ・・・これ、記事にしようかな。。。しかも、笑った人お店の人よぉ~!信じられる?楽しい記事、ありがと~^^また、来るねん♪

  6. t より:

    長期間のキャンプ楽しそうですね。のんびりできるだろうなあ。日本でも だいぶ増えたけど 川沿いの山の中が多いと思います。 私も そういうふうな休日を送ってみたいです。白熊さんもバロンさんもいい笑顔。その②も楽しみにしています。

  7. Baron より:

    夏水さん>  そう!私も最初は キャンプ=設備が悪い=若者が青春   って ゆうイメージがあって   なんとなく最初から苦手だったのだけど  箱を あけたら、な~んだ!でした (^◇^)  ・・・ところで、  なっちゃん、そんなにマツゲ長いのっ?    o(≧ω≦)o いいなぁ~~!  そう、イタリア人も きちんとカールしているのは  もちろん かなり長いので  ビューラーなんかしたら お化けになっちゃう、って  イタリア人の友達は 笑います ❉  そうか~、ちなみに・・・       マッチ、何本乗る?(^◇^)/ 

  8. Baron より:

    fumiママ さん>  あ、ごめん。順番が前後した (^^ゞ  真吾パパが おこちゃまに好かれるのは  わかるなぁ・・・  ( 特に 女の子! じゃない?)  なんだか あま~い 雰囲気があるもんねぇ。   優しい。。ってゆーか。  白熊は 子供にもてるけど  それは ずばり    < 白熊に似ている >  からだと バロン 思ってます (^◇^)

  9. Baron より:

    wweundertaker21さん>  ブログに大きく乗っけてくれて ありがとう^^  ( 見た時は 一瞬 ずっこけました )  正解して よかった~❉  日本でのキャンプは 川沿い。。。  そうですね!  確かに そんなイメージが。  あと 高原とか 山のふもと?  海って 言ったら、民宿ですよねぇ (^◇^)  でも キャンプ・バンガローで  よかった所は 料理ができる!ということ。  好きなものを 買って、作って、好きな時に食べる!  という行為が とても楽しかったです。  くつろげました~❉  イタリア・キャンプ、おすすめですけど  この次は 日本でキャンプにチャレンジしてみたいです^^  

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中