Litografia : リトグラフ

     

  

 

これは何か? 

世界に数十台しかないという、リトグラフの

オリジナル製版プレス機である。。。

 

 もともとリトグラフの<リト>とはギリシャ語の<石>から由来し、

重い石灰岩の上に油性の強い鉛筆やパステル、インクなどで絵を

描いて 油と水の反発を利用して 印刷する技術の事を指す。

 

 1796年にドイツで発明されて以来 多色摺りや細かい文字が

印刷できることからも 様々なコマーシャルに用いられ珍重されてきた。

ロートレックのトゥーランドットのポスター、といったら

ピンとくるだろうか? あれもリトグラフで印刷されている。

 ただ、最近は 重く高価な石灰岩を使わずに 

手軽なジンク版やアルミ板が使われるようになり、職人的な技術

が必要とされる石版画は ほとんどすたれてしまったと言っていい。

 

 で、なぜか私は今、その技術を大学院で

講義の一つとして受けている。

 

Firenzeには 未だに古い技法をもって 

リトグラフを刷る事のできる良い職人や工房があり、

なんと!Acccademiaにも 世界にもほとんど残されていない

石版用のリトグラフ・プレス機が 残されていて

それを使って 基本のテクニックを学のだ。

 私は 正直、<わー、すごい!>♪と思って

うきうき講義に出ているのだけど、周りの皆は浮かない顔・・・

 

 「 何故、もう時代遅れで どこでも使えないような技術を

    私達 勉強しなければいけないの??? 」

 

       ・・・確かに。 それも一理あり?

 

リトグラフの製作の過程を フォトアルバムにアップしました。
興味のある方は ホームからフォトへ行ってくださいね。
私が うきうき製作しているのが 解説付きで見られます☆

 

 

カテゴリー: Arte パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中